ままてらす千葉支部 宮川よしえです。

もっとお客様を集めたい!
新しいジャンルのお客様にも来てもらいたい!

コラボや感謝祭など、イベントを開催してお客様へのアプローチをしたい。
そんなイベント開催時に重要な集客方法。皆様はどうやってお客様を集めていますか?

実際に私がままてらす代表 今乃世護先生から学び、実践して結果の出た集客方法をご紹介します。

 

見込み客ゼロ!期間3か月で3桁のお客様を集められた秘訣!

私が行ったイベントは

映画「うまれる」上映会

2016年3月13日、松戸市にて開催しました。

準備を始めたのは3か月前の2015年12月13日。

上映会を行う施設の予約をした日です。

 

実は臨月で、第3子の出産を控えていました。

「3か月で」といいつつも、実際には間に出産を挟んでいるので、実質2か月弱でイベントを成功させることができたのです。

どうしてそんなことができたのか。

ままてらす代表 今乃世護先生に教わったポイントを実践したからなんです。

 

たった一つのポイント それは○○!!

よく集客で利用するものに、ブログ、SNS、HP、チラシなどがありますね。

イベント集客の仕方はたくさんあると思うのですが、基本的にどの方法も、同じポイントを使うことで、大きな収益を上げることができます。

その大きなポイントは・・・

「協力者を集めること」

私は当時、ブログはほとんど更新しておらず、読者も少なかった状態だったので、SNS(Facebook)とチラシを利用して集客をしようと考えました。

そこからは協力してくださる方をどんどん集めていきました。

  • Facebook記事を拡散してくださる方
  • チラシを店頭に置いてくださる方
  • 入場チケットを店舗において販売代行してくださる方
  • 当日の運営を手伝ってくださる方
  • 市に後援を依頼
  • 協賛してくださる企業探し

全て、協力してくださる方を探すイメージで行っていきました。

どうして協力者が必要?

そもそもイベント開催をする目的は、既存客や自分のできる範囲を超えて、新しいお客様や事業の範囲を拡大していく目的があるはずです。

自分一人ですべてを行おうと思っても、枠を超えての集客は難しいのです。

協力者(事業で言うとビジネスパートナー)を得ていくと、自分の範囲を超えて、大きなイベントも行うことができるのです。

拡散力も向上し、いいことずくめ・・・

感謝が感謝を呼び、よい循環が生まれます。

目指すは1アクション3ゴール

協力者を依頼したときのことを考えてみましょう。

「こういう想いで○○のイベントを開催するのだけど、協力してくれない?」

Aさん「いいね!喜んで協力するよ!」

Bさん「私はできないけど、あの人なら協力してくれるかも」

Cさん「え!そのイベントいきたい!」

Dさん「やだ。興味ないからパスー」

 

イベントのターゲットと違う人にでも、「協力して」とはお願いできます。

協力を依頼するだけで、4パターンの回答が期待できます。

Dさんはさておき、協力者を依頼するという行動をするだけで、

  • 協力者を得る
  • 協力者を探してくれる人を得る
  • 来場者を得る

3つを行うことができるのです。

通常の業務に加え、時間がない中でイベントを行う場合、時間や労力の短縮にもなります。

 

最後は感謝で

人は誰かの役に立ち、感謝されたい生き物です。

しっかりと「ありがとうございます。」と伝えましょう。

そして、あなた自身も、協力してほしかったらまずは周りに協力しましょう。

協力してくださる方の申し出は、喜んで引き受けてくださるものです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

イベント開催のお役に立てれば幸いです。

 

「でもまだ自分が運営責任者として大規模イベントを開催するのはちょっと勇気がいります」という方へ。

このシステムを利用した

ままてらすフェスタ

に出展してみませんか?

お近くの支部メンバーまでご相談ください。