年始に立てた目標、覚えていますか?

ままてらす千葉支部リーダーのみやがわよしえです。

今、私がこの記事を書いているのは2月ですが、みなさま、年始に立てた目標、覚えていますか?

ドキッとした方必見! 今日は、売れる起業家がどのように目標を立て、達成していっているかについてご説明します。

ご存知でしたか?目標には立て方があるのです。

「目標を立てよう」と言われたこと、あなたも何十回、何百回もあると思います。

年始には書初めをし、夏休みなどの長期休みの最初には、「この長期休みに達成したいこと」を書き出す・・・

小さい時から習慣づけられてきたにもかかわらず、どうして多くの人は目標すら忘れ、立てた目標が達成できないのでしょう?

それは、学校教育では習わなかった「目標の立て方のコツ」があるからです。

よく聞く目標設定の失敗例

では、よくある目標設定の失敗例を挙げてみましょう。

Aさん Bさん
目標 稼ぎたい 月収100万円を達成したい
期間 できるだけ早く 3か月後までに
理由① 自立したい 売上の10%を恵まれない子どもたちに寄付したい。
理由② 旅行に行きたい 4か月後にハワイ旅行に家族で行きたい。
数値 月収100万円 月収100万円のうち、50万円を権利収入となるX事業で、30万円をYの事業で、20万円をZの事業で達成

AさんとBさんの目標の比較をしてみましょう。

AさんとBさんはどちらが目標を達成しやすそうでしょうか?

Aさんは目標があいまいで「できたらいいな」という段階のため、目標達成は難しいでしょう。

Bさんは目標が明確で、達成するためにはどうしていったらいいか、イメージが見えてきます。

あなたはAさん、Bさんどちらですか?

目標達成する人と目標達成しない人の目標の違いはコレ!

また、先ほどの表にも出てきましたが、「なぜ目標を達成したいのか」が明確だと、目標を達成していくための動機付けがされ、「どうしても目標を達成したい!」という気持ちになります。

この「なぜ目標を達成したいのか」が「目的」です。

目標達成する人と目標達成しない人の大きな違いは

①目的がはっきりしている

②目標が具体的で期日、数値が入っている

この2点です。

目標に盛り組みたいポイント

また、「ワクワクする目標」と「憂鬱な気分になる目標」どちらが見ていてモチベーションがあがりますか?

見ていて「ワクワクする目標」は何度も見返したくなり、行動意欲もわいていきます。

ワクワクする目標に盛り組みたいポイントはこちら↓(*‘ω‘ *)

①達成したときに得たい感情

②達成することで他者にどんな影響を与えられるか

③目標を設定した目的

例えば

「2019年12月に月収100万円を達成し、家族でハワイ旅行にいき、自立した自分を認め、うれしく思っている」

「2019年12月に月収100万円を達成し、うち10%をカンボジアに寄付、現地に家族で出向き、現地の子ども達と一緒に写真をとる」

さあ、見てみていかがでしょうか?

あなたが最高にワクワクする状態をイメージして、目標を書いてみましょう。

 

 

売れる起業家になるために必要なステップとは

目標を達成し続け、売れる起業家になるためにはどうしていったらいいかについて考えてみましょう。

目標を達成するための3つのステップは…

ステップ1.目標と目的が明確

ステップ2.目標達成までの道筋が明らか

ステップ3.その道筋にそって行動を起こし続けている

こちらのサイトもチェック→https://growingtree.jp/archives/1079

この3つすべてが揃っていないと、目標は達成できません。

ステップ1の目標が明確であればあるほど、ステップ2の道筋を決めやすくなり、

目的が明確であるほど、ステップ3の行動し続けていくことができます。

そして、大前提、目標を忘れないようにすることも大切ですね☆

目標を忘れないために?

あなたは目標を忘れないためにどのような努力をしていますか?

1979年アメリカのハーバード大学である調査が行われました。
とても有名な調査なので、あなたもご存知かもしれません。

ハーバード大学と言えば、
アメリカでも超エリートが通う大学です。
たくさんのノーベル賞受賞者を輩出しています。

ある日、ハーバードの教授は、
そんな優秀な学生たちに次のような質問をしました。

君たちは自分の目標を持っているか?」と

すると、

84%の学生は、目標を持っていませんでした。
13%の学生は、目標を持っていたが紙には書いていませんでした。
3%の学生は目標を持って、それを紙に書いていました。

つまり、目標を持っている学生は、たったの16%しかいませんでした。
しかも目標を紙に書いている学生となると、たったの3%だけ。

それから、10年の月日が流れ、
ハーバード大学のエリートたちは、
大学を卒業し、様々な職業に就いていました。

国を動かす影響力を持った者、
研究者として活躍する者、大手の企業で働く者、

ハーバードの教授は、その調査に参加した元学生たちに
再びアポイントを取付けました。

そして彼らに対してある調査をしました。

すると、次のような
驚くべき結果を得ることになったのです。

なんと、当時目標を持っていた13%の平均年収は、
目標を持っていなかった87%の人達の約2倍でした。

そしてさらに驚くことに、目標を紙に書いていた3%の平均年収は、
残り97%の人達のなんと10倍だったのです。

詳しくはこちらをチェック→http://michaelbolduc.jp/thedecision/4296/

読んでみていかがでしたか?

成幸者ほど、この「目標を忘れない努力」を欠かしません。

手帳、寝室の天井、冷蔵庫、トイレ・・・

いたるところに目標を書いて張るそうです。

でも、書いて張るというとてもシンプルでタダでできることなのに、やらない人がほとんどなのです。

 

どうして自己流でやりたくなるの?

さきほど挙げたステップ2では、目標達成のための道筋についてふれました。

では、あなたが考えたその道筋は、本当に目標達成していける道筋なのでしょうか?

「起業家たるもの一人でやるもの」と思い込んでいませんか?

例えば、あなたが初めて富士山に登るとしましょう。

山頂まで登るためにあなたは何をしますか?

起業家たるもの一人で登る?

ガイドと一緒に登ったり、遭難や挫折しないために複数人で登りませんか?

起業に関しても全く同じなのです。

あなたは目標達成のためのガイドや同士がいますか? もしいたとしたら、どうしてこのサイト(記事)と巡り合ったのでしょうか?

 

継続していく秘訣・・・

とはいっても、一人で続けていくのは、モチベーションを保つのに大変だったり、課題の解決策がわからなかったり、情報に振り回されたり・・・

とても大変です。

では、同じように目標を掲げ、切磋琢磨できる仲間や環境があったらどうでしょう?

道に迷ったときに、指針となる方向をしめしてくれるメンターやコンサルタントがいたらどうでしょう?

私は、どんな時も目標達成にむけて歩みを止めないため、そして、進んでいる道があっているか確認しあうために、

ままてらすという環境を選び、ままてらす代表の今乃世護先生のコンサルをうけています。

どうして普通の主婦が目標達成の仕方を学べたのか・・・

ここで、裏話をしたいなと思います。

この記事を書かせていただいている宮川は、どこにでもいる普通の主婦でした。

ひょんなことからヨガインストラクターの資格をとり、資格を活かすために起業。そして数か月で挫折を味わいました。

そんな時出会ったのがままてらす代表の今乃世護先生です。

今でこそ、起業に関するノウハウ記事を何十回も書かせていただいてますが、今乃先生と出逢った時期は、生徒さんが0人の回がほとんどのヨガインストラクターでした。

そして、起業に関する知識やノウハウ、マインド、考え方・・・すべてを今乃先生に教えていただいてきたのです。

通常なら数千万あっても足りないくらいの知識と経験を、ここで得てきました。

 

 

人生を選択していく3つのポイント

全ては「縁と運とタイミング」

この記事に出会い、どう人生を変えていくかはあなた次第です。

素晴らしい目的と目標を立て、あなたの人生をご自身で選択していってください。

最後に…

ままてらすでは、目標達成のプロと一緒にワークなども行えます☆

会員同士ペアになって目標設定をしたり、なぜその目標を達成したいのかブラッシュアップしあったり・・・

一人では思いつかなかった考え方や、数値設定などもでき、目標達成に向けて一番大切な絶対に達成したくなる目標設定を行うことができます。

気になる方は、まずは「ままてらす成幸塾&説明会」お越しください。

お読みいただきありがとうございました。

 

記事: ままてらすWEBチーム 千葉支部リーダー 宮川よしえ