第6回ままてらすビジネスプランコンテスト
太田聡美

緒畑妃悠希

メーテルーナ(Mater-Luna)~母であり、妻であり、起業家である女性たちの「時間」の問題を解決したい~

《 事業概要 》

①、ままてらすのメンバーが家事の代行、ベビーシッターなどをサポーター登録したスタッフが代わりに、にサポートするサービス。

②社会をよりよく変えるために本気で稼げる社会起業家として社会にいい影響を及ぼす女性リーダーを目指したいと、志を持つママ起業家の方、起業家を目指す方に、
夢を叶える為の活動。家事、育児との両立の課題に挙がる「時間」の問題を解決するために、利用していただく。

③利用するサービスによって料金形態を変える
サポートする方への人件費は、ままてらすの活動に賛同するメンバーからの紹介や、ままてらすサポーターとして関わりと希望する方

《 経歴・想い 》

“高校生の時に父が心の病気になり、職を辞することになしました。父の闘病中、父方の祖父が亡くなり、祖母は認知症になり、母は家計と家族を支える事に必死でした。家族の為に必死に頑張ってきた母の姿と、「自分が何したいかなんて考える余裕もなかったから、もうわからない」と言われた母の言葉から、衝撃を受けたこともきっかけとなり、女性の生き方、人生とは?をとても考えるようになりました。
そして、何よりも私自身が夢ややりたいこと、次の目標がまだまだある!と思えば思うほど、子供を産むということを「今はまだ困る・・・子供産んで育てるなんて今は考えられない。それどころじゃない」と、どんどん後回しにしてきました。キャリアや、やりたい事、夢や信念がある女性ほど、結婚や出産を後回しにする傾向あります。逆に結婚、出産、育児を理由に夢ややりたい事、キャリアを諦める女性も数多くいます。
本来は、夢ややりたい事、社会への貢献や使命に生きる女性ほど、出産、育児で子どもに生き様を背中で見せていく素晴らし子育てが出来るはずと考えています。子育て中のママほど夢や、やりたいことをあきらめない当たり前の社会を作る。   そんな生き方を一緒に目指す人を作る為に。ビジネスと、家庭とのバランスに日々本気で向き合うママ起業家をサポートをしたいと思うようになりました。

~経歴~
高校卒業後、化粧品販売に力を入れるドラッグストアに就職。入社後3ヶ月で店舗のビューティ部門責任者に就任。半年間前年比・予算達成率全店トップの成果を出す。
都内のヘアメイク専門サロンにて、ヘアメイクアップアーティストとして歩み始める。 ヘアメイクサロン副店長経験後、フリーランスとして始動。新婦ブライダルヘアメイクの担当や、出張ヘアメイクレッスン、ヘアメイクアップアーティストデビュー志望者の指導などを行う。(2021年現在、延べ7000人以上のヘアメイクを担当)
2015年1月 女性を輝かせるイベント『ビューティコンサートin前橋』を初開催し、約300名の動員に成功。しかし、組織運営やビジネスの基礎への課題を感じ、悩んだところ、イベントを通じで出会た出展者の一人から紹介で、立ち上がったばかりの「ままてらす」の存在を知り、入会。
「ままてらす」を通じて、メンターのまま起業家専門プロデューサー今乃世護氏との出会いで、ビジネスがブラッシュアップされAmazon電子書籍メイクアップ部門ランキング第一位を獲得、ブライダル業界№1の某雑誌からのヘアメイク指名担当依頼などの実績を出す。現在は、女性の精神的・経済的な自立のできる社会になること。年商1億円規模の1万人作る為に、ママや女性のハートに火をつけ、無限の可能性 を引き出し好きな時に好きな人と好きな事ができる人生をサポートし、日本をセルフイメージの高い国にすることを目指して活動しています

エントリー一覧に戻る →