ネットショップ、ドロップシッピング、

PPC(リスティング広告、オーバーチュア)、

アドセンス、アフィリエイト、などなど

 

ITやSNSが当たり前になった今

「在宅でも稼げる」仕事増えてきました。

 

育児しながら、隙間時間にもできる!

いいですよね?

よさそうだけど、ほんとに稼げているの?!

気になっていませんか?

 

ラクそうだからで選んでいませんか?

アフィリエイトやネットショップなどで

ある程度稼ぐことが出来るかたももちろんいますが、

誰もが同じような結果にはなりませんし、

誰もが続けられるものでもありません。

しかもいつまで

そのビジネスが時代にマッチするかもわかりません。

 

在宅ワークと在宅ビジネスの違い

 

在宅ワーク(受注型)

 

データ入力、ライター、プログラマー、

ホームページ・デザイン作成など・・

 

在宅ビジネス(仕組み仕掛け)

アフィリエイト、ネットショップ、アドセンス

情報商材、せどり、コンテンツ販売、

写真・イラスト、動画販売

 

どれも確かに在宅でできますし、

お仕事にされていらっしゃる方はたくさんいます。

 

が、本当に稼げるの?

在宅ワークも在宅ビジネスも

交通費、出勤などの手間、

固定費などの費用が抑えられる、

 

しかし、

当たり前ですが「成果」がでなければ

時給に換算すると安くなってしまう場合があります。

 

始めやすい、できそうだからと

スタートしても

いつまでたっても全然自立できない・・

 

そんな悩みを解決するためには

「好きなことを仕事にするための8つのこと」

 

をごらんください。

 

仕事の「内容」だけで成幸できるかどうかは決まりません。