ママ女性起業夫に反対されたらどうする?

結婚して家庭を持っているママさんが

起業をしようと夫に相談したところ・・・

ご主人に

「お前にできるわけないだろ」

「趣味程度にしておいてくれよ」

と反対あるいは前向きではない反応が・・・という方のために

反対されても起業して夢を叶えたい!

毎日を楽しく過ごしたい!

そんなママさんの為にどうやって、
旦那さまに反対されない状況に持ち込めるか
お伝えします。

妻の起業を反対する夫の心理とは?

・おれの給料じゃ満足できないということなのか?

・おれの仕事にも理解がない、
尊敬の念もない
お前が仕事なんてやれるわけないだろ!

・大事なお金を趣味に使われて、生活ができなくなるのではないか?

・そうでなくても感情的なのに、ビジネスしてイライラされたらこっちの身がもたないよ!

・子育てや家庭のことがおそろかになるのでは?

おそらくダンナサマは家庭の安定を求めるからこそ心配なんでしょうね。

心配と不安で頭が一杯になっているのかもしれません。

売り言葉に買い言葉は絶対ダメですよ!!

「なんでわかってくれないの!?」

「このビジネスすごいんだから!」

なんて感情的にならないでくださいね。

これはお客さまや同僚に対してもそうです。

相手を説き伏せようとしては上手くいきません。

人を動かすには説得ではなく納得させる事が大切

相手(夫)が気になっていることをまず聞いてみてください。

ビジネスの基本はお客さまのお困りの点や望みをヒアリングすることにあります。

起業する上でその第一歩というつもりで是非きいてみてくださいね。

相手の不安を聞いた上で、問題を解消する材料として

「わたしには、これだけの覚悟があるんです!」

「計画的にしっかりと考えています!」

ということを伝えていくことが大事です。

一気に相手に伝えようとせず、じっくり何度でも話す機会をもつ粘り強さも必要です。

一度伝えただけであきらめないでくださいね。

ままてらす交流会では、そんな女性ならでは、ママならではの悩みをぶっちゃけトーク!

身近な先輩から、参考になる生きた情報が得られます。

気になるかたはお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ