主婦が在宅ワークで起業

こんにちは。
ままてらす会員の橋本です。

起業歴16年です!

なぜ16年も社員を雇って経営を続けてこられたのでしょうか?

それは女性の強みを活かした働き方をしてきたからなんです。

そもそも、なぜ主婦が起業?

女性が起業を意識したきっかけ

 

続けたくても、続けられない・・・!

結婚、妊活、出産、介護、夫の転勤などなど。

待ったなしの変化に迫られる!女性ならではの起業事情がうかがえます。

専業主婦だった私が働こうと思ったきっかけは夫の転職

夫:そろそろ働いてみたら?

私:え〜、働くってどうしたらいいんだっけ・・・?

まったくピントきてない・・・

元プログラマーの非力を思い知る

とりあえずIT業界?

頭まっ白!

インターネット・・・よくわからない

働く自信ゼロ

運命の出会い(その1)

Webイベントに行ってみた・・・

・・衝撃・・

Webって楽しい!楽しすぎるwww

ガゼンやる気UP

毎日、楽しく、家の写真をアップしてたら、
住宅メーカーの方から問い合わせが!

大手住宅メーカーのパンフレットに
私のWebサイトが掲載された〜〜〜!

女性の強みを活かす起業のポイント①
〜好きなことをとことんやる!〜

女性の強みを活かした経営

「事業計画」?

無理やり考えようとしても、体が動かない!!
「好きなこと」

すぐにできる

動けば、かならず、未来と繋がる何かが見える!

 

もちろん、事業計画は大事です。
自分が起業することの社会的な意味をブレずに持ち続けるとができるからです。

自分らしい「事業計画」は
自分の「あり方」と繋がってます。

運命の出会い(その2)

すご〜く近所に、

Webの勉強会をやってる主婦がいた!

さっそく参加してみた!

いつか仕事ができたらいいな〜

できたらいいな〜〜

できたらいいな〜〜

・・・

ねぇねぇ

自分たちで会社を創らない?

現代表からの、一言。

 

わたしは、めちゃくちゃ感動したのでした!

新鮮で、驚きで、未知の世界!

とてつもなくワクワククする出来事でした!

事業計画もなければ、お客さんもいない。だけど会社を創った

計画はなかったけど

きちんと会社の登記を行いました!

個人事業主でもなく、

社員も雇用。

私は取締役になりました。

会社にしたら仕事が来た!

企業は個人を相手にしません。

実績も、技術もない「主婦」だったらなおさら・・・

仕事は信用です。

なにも持っていない主婦が

手っ取り早く、低コストで「信用」を作る方法が「会社設立」だったのです。

 

女性の強みを活かす起業のポイント②
〜小さく始める。だけど本気で!〜

主婦起業小さく始める

お金をかけず、小さく始めることが大事です。

私たちは、創業以来、一度もオフィスを持ったことがありません。

元々、在宅で働きたいという願いから創った会社なので

全員がリモート社員

という特殊なスタイルを15年続けています。

小さいからこそ、「本気度」は重要です!
「会社を設立」することで「本気度」を伝えることができるのです。

 

眠らない主婦軍団時代

私は起業した当初、昼間は、専業主婦時代そのままに、子どもとの時間をつくり、家にお友達を招いたりしていました。

子どもを寝かしつけた後、夜な夜な仕事を開始。

結局、昼も夜も区別なく働けるときに働いていました。

なんで私、眠れないんだろう・・・?

 

日中、私が家にいるのに、子どもを誰かに預けるなんて考えられなかった

専業主婦マインドなかなか抜けなかった・・・

一人目だったこともあり、仕事をするために、子どもを他人に預ける、ということにかなり抵抗があったのです。保育園や学童保育にも頼らず、時々、ママ友に預かってもらいながら、なんとかやり過ごしていました。それもついに限界がきて、あるとき、思い切って「ファミリーサポート」に預けることにしました。

 

案ずるより産むが易し

預けてみてビックリ!預かってくださったのは元保育士の方で、流石プロ。子どもの対応がとてもきめ細やか。育児相談にも何度ものってもらいました。

もっと早く頼めば良かった!

心からそう思いました。

何より自分の時間がしっかり確保できるのが嬉しい!

本格的な仕事の環境がようやく整い始めました。

 

女性起業家が起業を断念しそうになった理由「家庭との両立」の割合が高い!

専業主婦でも、育児は忙しい!

仕事をしていればなお忙しい!

とにかく働く主婦には時間がない!

私も、仕事に関する勉強の時間が全くとれなかったのが悩みでした。

なんで私だけ、仕事も育児も両方しなければいけないんだろう・・・?

特に子どもが小さくて手がかかるうちは、

モヤモヤが心に大量発生してくるのが押さえきれないこともしばしば。

「両立」なんてムリ。

「ほぼ仕事」あまった数時間で「家事と育児」。

それでも子どもは育つ!

という割り切りが上手になりました。

 

女性の強みを活かす起業のポイント③
〜子育てと仕事、両方やるから長期安定!〜

主婦起業、子育て両立

15年経営を続けられたのは、今思えば、仕事の時間を100%にをしなかったお陰なんです。

例えば日頃は60%ぐらいのペースで仕事をすると、40%の「伸びしろ」があるんです。

仕事には波があるので、忙しいときは思いっきり「伸びしろ」を使います。
日頃の60%のペースを一気に100%に上げたとしても、限界を超えることはないんです。

もし、いつも100%で仕事をしていたら、忙しいときは120%や150%・・・200%とか。

それが続いたら、自分も疲れ果て、家庭もギスギス・・・

だからこそ、日頃は60%ぐらいの配分で仕事を計画し、

子育てや家庭の時間を確保することで、

仕事の波も吸収し、長く、安定して仕事も経営も続けることができるのです。

 

女性の強みを活かす起業!番外編(1)
〜自信のなさは、◯◯で乗り越える〜

女性の強みの1つ。「正直」に言ってしまうこと。

お客さまがどう思っているのかわからず不安になったとき。
こちらの仕事に不手際があったとき。

不安になったり自信がないときは、思い切って「正直」に、真正面から対話をしてみると良い結果を招くことが多いです。意外と相手は気にされてなかったり。

自信のなさは「正直さ」で乗り越える!

 

女性の強みを活かす起業!番外編(2)
〜相談は、◯◯にする〜

女性起業家、相談相手
女性は「起業仲間」「先輩起業家」に相談する比率が高いんです。

やはり、女性や主婦ならではの起業の知恵を持っている方に相談できると心強いですよね。

 

★ まとめ ★
〜主婦が在宅ワークで女性の強みを活かして起業するには〜

ポイント1)好きなことをやる!

ポイント2)小さく始める。だけど本気で!

ポイント3)子育てと仕事、両方やるから長続き!

番外編1)自信のなさは、「正直さ」で乗り越える。

番外編2)相談は、「起業仲間」「先輩起業家」にする。

 

こいかがでしたか?

女性の強みを活かして、小さく始めて大きく育てる起業を目指してみてくださいね。

ままてらすフェスタ福岡 2017年2月24日
Webサイト

【福岡】2/24 ままてらすフェスタ福岡 2017年2月24日