働く日本の女性をとりまく現状

子供ができても働き続けたい。

内閣府の男女共同参画社会に関する世論調査(平成28年9月調査)によると、その割合は5割を超え、育休中にスキルアップして復職後もキャリアアップしたい、と考える女性が益々増えています。

「M字カーブ」。これは女性の年齢階層別の労働力率をみたときのキーワードです。

学卒後に就職するも、結婚・妊娠出産を機に離職し、子供に手がかからなくなってから再び働きだす、典型的な日本女性の働き方をグラフにするとM字カーブを描きます。

特徴として、ちょうど仕事が充実してくる30歳から40歳代に女性のキャリアがいったん「中断」される形になっています。

 

ただし、子育てしながら、そのまま仕事を続けるために『起業』するという選択肢もあります。

昨今の「ママ起業」ブームは、仕事も子育ても両方あきらめたくない、そんな女性たちの想いがひとつのムーブメントとなって現れたものではないでしょうか?

 

ママ起業、女性起業家の課題

インターネットがインフラ化した今、「起業」というキーワードを入れて検索ボタンを押すと、テクニックやノウハウ、スキルを教えてくれる起業塾やセミナーは巷に溢れています。

しかし、いざ起業を志し、集客、売り上げアップを目指して、色々なセミナーに参加するも、一時的にモチベーションは上がるものの、一人になると、なにも前に進んでいないような焦燥感にみまわれる、

家事や子育てでただでさえ忙しいのに、時間とお金を無駄にしているのではないかという後悔を感じてしまう、といった方も少なくないのではないでしょうか?

 

起業、すなわちビジネスを軌道にのせていくには、まず大前提として「Why?」(なぜそれをやるのか?)という問いへの答えが自分の中で明確になっていなければなりません。

また、疑問があったり、前に進めなくなった時、気軽に質問したり、相談できる仲間がいる、環境があることが大切です。

ただし、その仲間や環境は、単なる愚痴のはけ口、傷のなめあいではない自立した志を同じくする仲間のコミュニティである必要があります。

 

本気のママ起業家、女性起業家にむけて

本気のママ起業家、女性起業家が集まるコミュニティが『ままてらす』です。

ままてらすは「まま起業専門プロデューサー」今乃世護 先生が、3年前立ち上げた『本気でビジネスに愛と覚悟をもって取り組める志高い起業家のコミュニティ』です。

 

今では、17都道府県31か所に拠点を置き、全国約140名のメンバーが集っています。

そして、今も現在進行形で、全国の拠点と会員は増え続けています。

 

【今乃世護先生のプロフィール】

「まま起業専門プロデューサー」今乃世護

プロフィール

はじめての方へ

子育てもビジネスも!

本気の起業をあきらめない、ママ起業家、女性起業家の方へ。

 

『ままてらす』ってどんなところ?

と興味をもたれた方は、『ままてらす 成幸塾&説明会』に参加されてみませんか?

ママでもできる!ママだからこそできる!

 

※『ままてらす 成幸塾&説明会』は、全国で開催されています。あなたのお近くの『ままてらす 成幸塾&説明会』をチェックしてみてください。

【交流&起業セミナーあり】自立したいママ起業&女性起業家のためのままてらす成幸塾&説明会

※お申込みは、こちらから