関西支部の橋口です。

私はお金に困ったことが一度もありません

だからといって、

家が裕福であったわけでもなく

旦那さんが高給取りでもありません。

会社員時代は国際線のCA、でもぼろ雑巾と呼ぶほど過酷な労働

中学からの夢でしたので

仕事は好きでしたし、

お給料も悪くなかったです。

でも18年間まともに

太陽と共に生活したことは殆どなかったです。

高給取りのCAだけど家族を持って働ける環境ではない

お給料や福利厚生の面では最高ですが、

家族を持った人にはきつい。

子どもが熱を出しても4日間海外に。

夜中出社、早朝退社もしょっちゅう。

祝日休みではないので、

子供のイベントにも参加が必ずしもできないのです。

じゃ、女性が稼げる仕事TOP5はなに?

1.弁護士 平均1201万円

2.大学教授 平均1016万円

3.医師 平均884万円

4.大学准教授 平均806万円

5.パイロット 平均805万円

すぐにできるような職業ではないですよね。

そしてこれらも時間の自由は約束されません。

家族も自分のやりがいも収入も充実させたい!そして起業を選びました。

CA時代を時給に換算すると3500円ほど。

起業した今は最高で時給5000円です。

主な収入は自主開催のセミナーです。

自主開催なので時間も曜日もこちらが設定できますので

子どもとの都合を優先できます。

どうして時給がそんなに高くできるのか?

稼げる起業を継続するには高額商品があるかどうかです。

プチ起業などの女性起業に多いのは

戦略なくしたいことを安価で提供することです。

そして将来計画もない。

それでは時間もお金も自由にはなりませんよね。

安価なものを100個売るより、高額なものを1個売る。

目先の利益を考えると

自分で作ったものを売るのが手元に現金がすぐに舞い込みますが

売れれば売れるほど、時間と労力がかかり

結局会社員のような働き方と一緒になります。

要は仕組み作りが大事

起業しても仕組み作りができていなければ

時間と収入とやりがいの自由には行きつきません。

 女性は得てして仕組み作りは苦手分野ですが
はじめにしっかり作ることが
後々、理想の人生を送る一番の近道であることが分かりますよ。