好きなことを好きなときに好きなだけやりたい!

というきっかけから起業する方が増えていると思いますが

 

一人でやったほうが早いし、

ペースを乱されないので好き。

いや

一人では限界がある。

チームを作ったほうが大きいことができる!

 

どちらの意見もありますよね。

 

わたしは以前は

起業といえば「自由」

自分のペースを楽しみたい!

と一匹狼を好んでました。

 

そもそも人見知りで苦手な人と関わるのめんどくさい

自分の好きなこと、できることに没頭できることが楽しい!

 

だからこその

周りや環境で自分のペース乱されるとキーっ!

と感情が乱される度に体調が悪くなったりしてました。

 

 

最初はよかったのですが

約1年で子育て、仕事の両立に悩み

収入と行動が頭打ち…

 

この先どうしたら?と思ったときに出会った言葉

このままじゃいけない!と

諦めたくない!と

仕組みづくりや経営学を学ぶ中で

 

最初はやりたいことで

自分が満たされるくらい稼げていたらいいじゃないか!

と思っていた自分を反省し・・

 

経営学、成功者の当たり前を学べば学ぶほど

経営者の仕事が

 

経営理念を作る、

事業計画を立てる

チームを作る、

リスクマネージメントをする

人に価値をあえて、感動、感謝していただく。

 

など多くの役割や様々な能力

膨大な知識、異なる専門性が必要だということに気づき

 

という意味を思い知ったのです。

一人ではできないことを思い知ったところで・・

 

この人見知りのわたしにどうやって?

 

組織に馴染めない上に、

一度コミュニティ作りに失敗しているわたしにどうやって?

 

 

と思っているときに

出会ったのが次の言葉

組織は、もはや権力によっては成立しない。
信頼によって成立する。
信頼とは好き嫌いではない。
信じ合うことである。
そのためには、たがいに理解しなければならない。
たがいの関係について、
たがいに責任をもたなければならない。
それは義務である。

 

ピーター・ドラッカー

 

 

他者が働きやすいように、

他者が成果を出しやすいようにすること。

それは結果として、

 

自分の働きをより良いものにし、

成果をさらに高めていく環境をつくることができ

 

 

組織で成果をあげていくと

 

共に働く人を理解し、

協力するという

地道な行動の先に

 

共に成長し、成幸することができるのです!

 

 

 

一人でやる

組織でやる。

 

どちらもラクではないですが

どちらがあなたの理想の未来につながりますか?

 

 

組織で成果を出したいかたは!